<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Florame

フローラムは1990年、フランスのプロバンスに設立され、特に「有機生産認定」を受けたオーガニックのエッセンシャルオイルと、それを用いたオーガニック製品にこだわった物作りをしている会社です。

アロマテラピーがブームになり普段の生活にも浸透しつつある現在、
さまざまなアロマのブランドが展開されていますが、その質も実は様々だというのが現状だといいます。

フローラムはその中でもかなり信頼できると定評があるブランド。

特に厳しい審査で有名な「コスメビオ認証(製品の全成分95%以上が天然または天然に由来しているもの、製品の植物成分の95%以上がオーガニックであることetc・・・)」を受けたスキンケア製品を中心にコテミディコレクションではお取扱いをはじめました。

直接体につけるものこそは、安心して、安全に使えるものをー。
というお考えの方にはお勧めです。

ラインナップとしては、シャンプー、コンディショナー、リキッドソープから、
クレンジング、化粧水、などの基礎化粧品に、オードトワレ、ハンドクリーム。
アロマキャンドルや、ホームパフュームなどなど・・・。

たくさんありすぎてなにからご紹介したらいいのか・・・。



私が個人的に購入して使ってみたのは、ピローパフュームとローラーボールアプリケーター。

ピローパフュームはその名の通り、寝る前に枕にシュッと吹き付けて使います。
色々な種類があるのですが、
私は「ブリージング」という寝るときの呼吸を楽にするというものをセレクト。
ユーカリのさわやかな香リがします。
子供が鼻と喉が弱いので、寝苦しそうにしてることがよくあるのですが、
コレを使い始めてからは、穏やかに寝ていることが多くなった気がするので効果があったのかな?


そして、もう一つはローラーボールアプリケーター。
5mlの小瓶の先にボールがついていて、直接肌に着けられます。

これもいろんな種類があり、
リラックス効果のあるもの、頭痛に塗ると楽になるもの、乗り物酔いに良いものなど、
どれもこれも魅力的だったのですが、その中でチョイスしたのは
「アプレ・ピキュール」これは虫に刺されたお肌の不快感を和らげるというすぐれもの!!

小さくて持ち運びに便利。香りもさわやかなので、この夏の必需品になりそうです。

他にもたくさんご用意してます。
サンプルなどで香りもお試しいただけますので、是非店頭でお手にとってご覧くださいませ。

b0131396_7525750.jpg

[PR]
by cotemidi-c | 2008-06-27 12:11 | 取扱いブランド紹介

BONHEUR

コテミディコレクションOPENを記念して、
CHAYUANに特別にオーダーして作って頂いたお茶が発売になりました。

その名も「BONHEUR(ボヌール)」

これは幸福という意味のフランス語で、
たしかに、一口飲むだけで、幸せな気持ちになれます・・・。
これまでのフレーバーティとも全く違うフレーバーそしてお味。
甘くて、フルーティ。

b0131396_8182777.jpg


紅茶と緑茶がブレンドされた茶葉に、
ドライのマンゴーとパパイヤ、そして黄色いひまわりの花とエグランティエ(薔薇の実)が入っていて見た目にもとっても華やかでかわいらしいです。

お店では水出ししたお茶をご試飲いただいておりますが、とても人気ですよ。

水出しされる場合は、一リットルの汲みたてのお水に対して15グラムの茶葉をいれ、
2~3時間常温で入れておいてください。
お天気の良い日は、太陽に当ててあげると、さらにお味がまろやかになります。

水色が出て、茶葉がひらいて沈んできたら、茶漉しでこして、冷蔵庫に。
2日ぐらいはお楽しみいただけますよ。

暑い日に、水出しのフルーティなお茶・・・。
幸せなひとときになると思います。

30g 683yen   50g  1050yen   100g 1890yen


品切れしていた、内藤商店さんのボディたわし等も本日追加で入荷がありました。
ご希望の方は是非お早めに。
[PR]
by cotemidi-c | 2008-06-10 08:18

Collection REGARDS

ノートルのブログの方で先日juhkoさんがアップしていましたが、
(詳しくはコテコレのブログで・・・と軽く振られた感も漂いますが・汗)
コレクションルギャールの白い器達が、たくさん届きましたよ。

b0131396_16193234.jpg


アンティークのような味わい、繊細でありながら素朴な温かみ、気品をも感じる佇まい・・・。
一つ一つが趣があってとても素敵です。

ふぅーーー。


では、まず、Collection REGARDSの説明を。

コレクションルギャールは、デザイナー・クリエーターである
Jean-Baptiste Astier de Villatte  ジャン-バティスト・アスティエ・ド・ヴィラット氏
が立ち上げたブランド。

この名前を聞いて、この白い器をみて、ピンときた方、そうです。

あのアスティエ・ド・ヴィラッドを、ご兄弟と一緒に立ち上げた方が、
のちに独立して、Collection Regardsを創設されたのです。




名前にdeが付くことからも推測されるとおり、ヴィラッド家はもとは貴族の家柄で、芸術一家。

彼は家にコレクションしてあった、アンティークの調度品をはじめ、バレエや音楽など色々なところからインスピレーションを受けそれを転化させて作品を作っているのだそうです。

b0131396_16211630.jpg



2,rue de l`Olive 37 500 Chinon France

オリーブ通り2番地という住所から生まれた 二本のオリーブのモチーフが目印


ジャンヌダルクが、シャルル7世に謁見したことでも有名なシノン城のふもとの工房で、ルギャールの器は一つ一つ手作業で作られています。

古くから彫刻用の土としても使われていたきめの細やかな黒い土を丹念に伸ばして型に入れ
じっくりと時間をかけて乾かし、まずは素焼き。

そのあと、白い化粧土に浸けてて焼き、最後に釉薬をつけて仕上げに焼いてやっと完成するのだそうです。

すべての作業が、熟練の職人によっての手作業によって行われおり、
手作業ならでこその、出来上がりの個々の表情の違いも面白いです。

ルギャールの食器はアスティエのものより、ややデコラティブで、装飾性に優れた物が多いように感じます。普段の食器としてお使いいただくのは勿論(なんと食器洗い洗浄機に対応しているのですから、驚き)、ディスプレイとしても楽しんで頂けるのではないでしょうか?

仙台で、(もしかすると東北で)ルギャールの器をこれだけご用意しているのは当店だけではないかと思われます。

ご興味がある方は、ご覧にいらっしゃって下さいね。

b0131396_16202268.jpg




こんにちは。Junkoです。
軽く、Tomoyoちゃんに振ってから、依頼をしていませんでしたが
今日見てみたらUpされていました。
コテコレの博士に振って、良かった(笑)

私も、コテコレスタッフも、ルギャールもアスティエも大好き。
アスティエは、物凄いラインナップでオルネさんに揃っているので
コテコレでは、ルギャールを取り扱いさせて頂く事にしました。
ティーカップソーサー、ボウル、お皿など
手力の無い私には、デザインもさることながら
この軽さは、とても扱いやすく魅力です。
早くも、毎日コツコツとお嫁に行っているので
ご興味のあおりの方は、お早めに見にいらしてくださいね。

[PR]
by cotemidi-c | 2008-06-03 05:34 | 取扱いブランド紹介

Notre Chambreのコレクションショップ COTE MIDI の情報をお伝えします。
by cotemidi-c
プロフィールを見る
画像一覧

COTE MIDI






ブログで紹介している商品も通販承ります。
お電話、ホームページ内「お問い合わせ」からお問い合わせくださいませ。

水の音
Tel 022-376-7560
http://www.mizunooto.jp


ファン

ブログジャンル

画像一覧